SUCRA検索
  
     詳細検索
インデックスツリー

詳細



閲覧数:1586
ID BKK0000782
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
本文 BKK0000782.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 300.3 KB
Last updated : Feb 7, 2011
Downloads : 2775

Total downloads since Feb 7, 2011 : 2775
タイトル 体育授業における「動きの言語化」に関する一試論 : 鉄棒運動を中心に
別タイトル
A study on the language of movements in physical education classes : Focusing on the horizontal bar movement lessons
著者
加藤, 純一 (Kato, Junichi)
文教大学教育学部 (Bunkyo University, Faculty of Education)
出版地 埼玉県越谷市
出版者 文教大学
日付
出版年: 2010 - 2010
作成日: 2011-01-27
更新日: 2011-05-09
上位タイトル
教育学部紀要 (Annual Report of The Faculty of Education). Vol.44, (2010. 12) ,p.25- 32
識別番号
ISSN
03882144
抄録 本研究は,新学習指導要領において指導内容の明確化,体系化が図られたことを受けて,この明確化が実際に教育の現場においてどのような形で行われているのかを明らかにした.今回は,運動領域を鉄棒運動に設定,さらに鉄棒運動を支える核となる動き,即ち「コアな動き」を『小学校学習指導要領解説 体育編』の例示より抽出し,この「コアな動き」を児童に指導する際に,どのような形で「動きの言語化」が図られているかを質問紙法により調査し,その内容を分析した.鉄棒運動における「コアな動き」は「支持」「ぶら下がり」「振動」「回転」「手首の返し」「手の持ちかえ」「足の振り上げ」の7つに収斂された.これらの動作の言語化は当然,個々の教師によって異なるが,今回収集したデータでは凡その方向性を確認することができた.児童の言語活動を支える意味でも,教師による「動きの言語化」は児童が理解し易い簡単かつ明朗な形で表現される必要があると考える.
キーワード
新学習指導要領
例示
動きの言語化
コアな動き
鉄棒運動
ETYP:教育関連論文
STYP:小学校
SSUB:体育
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 主題別 / 社会科学 / 教育学 / 教科教育学
/ Public / ジャンル別 / 研究紀要 / 文教大学 / 教育学部紀要
/ Public / 文教大学 / 教育学部紀要 / 第44集
関連アイテム


メインメニュー
SUCRAについて
リンク
SUCRAログイン
ユーザ名

パスワード