SUCRA検索
  
     詳細検索
インデックスツリー

詳細



閲覧数:759
ID A1003650
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
本文 A1003650.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 971.2 KB
Last updated : Mar 12, 2010
Downloads : 518

Total downloads since Mar 12, 2010 : 518
タイトル Museum guide robot moving its head for smooth communication while watching visitors
著者
(Sadazuka, Kazuhisa)
(KAWASHIMA, Michie)
久野, 義徳 (KUNO, Yoshinori)
埼玉大学大学院理工学研究科情報システム工学専攻 (Graduate School of Science and Technology, Saitama University)
山崎, 敬一 (YAMAZAKI, Keiichi)
埼玉大学教養学部 (Graduate School of Cultural Science, Saitama University)
[著者版]
日付
出版年: 2007 - 2007
作成日: 2010-03-12
更新日
上位タイトル
13th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision(FCV2007) (2007. 1)
抄録 Face and head movement plays an important role in communication. We observe situations and human actions through vision to obtain information necessary for smooth communication. In order to develop robots that can coexist with humans, it is necessary to
take into account vision. In this paper, we will discuss a museum guide robot that can move its head in a communicative way while explaining exhibits to visitors as well as detect human faces during the explanation of exhibits. We use the analytical results from human behavior to determine and program the robot head movements. We also developed a face detection system so that the guide robot can use visual information to conduct guiding. We developed the system with which the robot starts explaining after having detected a visitor's continuous gaze towards the robot based on the experiment result.
注記 総務省戦略的情報通信研究開発推進制度(SCOPE)
特定領域重点型研究開発 次世代ヒューマンインタフェース・コンテンツ技術

視覚情報に基づく人間とロボットの対面およびネットワークコミュニケーション(051303007)

平成17年度〜平成19年度 総務省戦略的情報通信研究開発推進制度(SCOPE)
研究成果報告書(平成20年3月)

研究代表者 久野 義徳(埼玉大学大学院理工学研究科 教授)より転載
言語
eng
資源タイプ text
ジャンル Conference Paper
Index
/ Public / 埼玉大学 / 理工学研究科
/ Public / 埼玉大学 / 理工学研究科 / 数理電子情報部門
/ Public / 主題別 / 総合領域 / 情報学 / 知覚情報処理・知能ロボティクス
/ Public / ジャンル別 / 会議発表論文 / 埼玉大学
関連アイテム


メインメニュー
SUCRAについて
リンク
SUCRAログイン
ユーザ名

パスワード