SUCRA検索
  
     詳細検索
インデックスツリー

詳細



閲覧数:1281
ID A1002738
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
本文 A1002738.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 735.7 KB
Last updated : Jul 17, 2008
Downloads : 1131

Total downloads since Jul 17, 2008 : 1131
タイトル 代理ロボット対話システムにおける顔表示の効果に関する研究
別タイトル
Study on effect of human face display on a surrogate robot
著者
古澤, 洋将
友野, 達也
葛岡, 英明 (Kuzuoka, Hideaki)
[役割]研究分担者
山下, 淳
山崎, 敬一 (Yamazaki, Keiichi)
埼玉大学教養学部 (Faculty of Liberal Arts, Saitama University)
[役割]研究分担者
久野, 義徳 (Kuno, Yoshinori)
埼玉大学大学院理工学研究科数理電子情報部門 (Graduate School of Science and Engineering, Saitama University)
[役割]研究代表者
[出版社版]
出版者 特定非営利活動法人ヒューマンインタフェース学会
日付
出版年: 2006 - 2006
作成日: 2008-7-17
更新日: 2008-7-17
上位タイトル
ヒューマンインターフェースシンポジウム論文集 Vol.2006, (2006. 9) ,p.395- 398
抄録 The purpose of this paper is to verify reproducibility of indicating orientation toward physical objects of head. Because of we suppose to obtain the suggestion of future works. To confirm the effects of indicating orientation, we conducted user tests with three conditions which are displaying a face image, a mannequin head mounted on robot head with capability of pan/tilt and both conditions. The results show that there are significant differences in completion times between each three conditions in order of showing a head, displaying a face image and displaying both conditions.
キーワード
Robot
Projectability and Face Effect
注記 総務省戦略的情報通信研究開発推進制度(SCOPE)
特定領域重点型研究開発 次世代ヒューマンインタフェース・コンテンツ技術

視覚情報に基づく人間とロボットの対面およびネットワークコミュニケーション(051303007)

平成17年度〜平成19年度 総務省戦略的情報通信研究開発推進制度(SCOPE)
研究成果報告書(平成20年3月)

研究代表者 久野 義徳(埼玉大学大学院理工学研究科 教授)より転載
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Conference Paper
Index
/ Public / 埼玉大学 / 理工学研究科
/ Public / 埼玉大学 / 理工学研究科 / 数理電子情報部門
/ Public / 主題別 / 総合領域 / 情報学 / 知覚情報処理・知能ロボティクス
/ Public / ジャンル別 / 会議発表論文 / 埼玉大学
関連アイテム


メインメニュー
SUCRAについて
リンク
SUCRAログイン
ユーザ名

パスワード