SUCRA検索
  
     詳細検索
インデックスツリー

学術情報発信システムSUCRAの概要

学術情報発信システムSUCRA(さくら: Saitama United Cyber Repository of Academic Resources)は、埼玉県内の大学等で生産された学術成果を収集・蓄積・保存し、インターネットを通じて無償で学内外へ、さらに広く世界へ発信するシステムです。埼玉大学の機関リポジトリとして、平成20年3月1日から本格運用を開始しましたが、平成20年11月21日からは文教大学の参加を得て、埼玉県地域共同リポジトリとしての運用も開始いたしました。

SUCRAのようなシステムは、機関リポジトリ(Institutional Repository)と呼ばれており、アメリカ・イギリスをはじめとする世界各国で構築が進んでいるほか、国内でも100以上がすでに公開され、その数は増えています。

SUCRAは平成24年2月現在、埼玉大学、文教大学、城西大学、埼玉女子短期大学、跡見学園女子大学、国立女性教育会館、駿河台大学、淑徳大学国際コミュニケーション学会、埼玉純真短期大学、埼玉県立大学、共栄大学、埼玉東萌短期大学の12機関が、学術雑誌掲載論文、紀要論文、科学研究費補助金成果報告書、学位論文、研究発表プレゼン資料、さらには所蔵する貴重資料などを登録し公開しておりますが、さらに埼玉県地域共同リポジトリ形成事業への参加館拡大、県内諸機関との連携、研究者総覧との連携を核としたシステムの再構築などを行い、コンテンツの充実・拡大、システム面での機能向上を図っていく予定です。

※SUCRAのコンテンツの利用について※

  • SUCRAに登録されているコンテンツの著作権は,執筆者,出版社(学協会)などが有します。
  • SUCRAに登録されているコンテンツの利用については,著作権法に規定されている私的使用や引用などの範囲内で行ってください。
  • 著作権に規定されている私的使用や引用などの範囲を超える利用を行う場合には,著作権者の許諾を得てください。ただし,著作権者から著作権等管理事業者(学術著作権協会,日本著作出版権管理システムなど)に権利委託されているコンテンツについては,各著作権等管理事業者に確認してください。
  • SUCRAに登録した学術論文は、掲載された学術雑誌を発行する出版社や学会の方針などに基づき、著者原稿ファイルを収録している場合があります。著者原稿ファイルは、実際の誌面と字句やレイアウトに多少の相違がありますので、ご了承ください。


  • 投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
    メインメニュー
    SUCRAについて
    リンク
    SUCRAログイン
    ユーザ名

    パスワード