SUCRA検索
  
     詳細検索
インデックスツリー
投稿者: sucra_jim4 投稿日時: 2007-11-7 21:27:25 (1928 ヒット)

去る11月3日(土)〜4日(日)に埼玉大学総合研究機構研究プロジェクト事業に採択された研究の成果に関する発表会、ポスターセッション、ポスター展示が行われました。本プロジェクトは、本学の中期目標・中期計画に基づき、4つの種目(先端的研究、産学官連携研究及び地域連携研究、国際共同研究、若手研究及び基礎研究)を設定して教員の研究活動を支援するものです。この成果発表会で展示されたポスター資料をSUCRAで公開しています。ページ左側のインデックスツリーのジャンル別>発表資料からご覧になることができます。


投稿者: sucra_jim4 投稿日時: 2007-10-25 17:38:50 (1865 ヒット)

SUCRAの登録文献が国立情報学研究所の提供する機関リポジトリ統合検索システムJuNii+試験公開版から検索できるようになりました。JuNii+を利用すると、全国の大学の機関リポジトリを横断的に検索することができます。また、埼玉大学に限定しての検索も可能です。


投稿者: sucra_jim4 投稿日時: 2006-11-13 10:11:00 (3894 ヒット)

November 13, 2006
Approved by the First Committee of
Cyber Repository of Academic Resources in fiscal 2006


Operational Guidelines for Saitama University Cyber Repository of Academic Resources (SUCRA)


(Basis)
1. The application procedures for SUCRA: The Saitama University Cyber Repository of Academic Resources (hereafter referred to as "SUCRA") operated in Saitama University (hereafter referred to as "the University") will be set out in these Operational Guidelines.

(Purpose of Disclosure)
2. It is intended to contribute to society by registering the academic results of the University on SUCRA, and sharing them inside and outside of the University through electronic media.

(Contributors)
3. People who can contribute academic results to SUCRA (hereafter referred to as "Contributors") are as follows.
(1) Faculty members and graduate students enrolled in the University
(2) Other persons approved by the Director of Library of the University

(Requirements for Disclosure)
4. Academic results that can be disclosed by SUCRA should fit all of the requirements mentioned below.
(1) The academic results should be prepared by the Contributor himself or herself in collaboration with other researchers while he or she is enrolled in the University.
(2) The academic results should comply with laws and regulations as well as the rules of the University.
(3) The academic results should not create any illegalities or any unacceptable problems for current social standards relating to the subjects mentioned below.
a. Human rights issues including defamation of character and violations of privacy.
b. Information security
c. Duty of confidentiality
(4) Disclosure of the academic results should not create any other problems.

(Contribution)
5. The Contributor should submit the academic results to the Library in accordance with designated disclosure licensing procedures.

6. In the case that copyright of the submitted academic results belongs to multiple persons including the Contributor himself or herself, or to a person other than the Contributor, the Contributor should disclose this fact to other copyright holders in advance under the requirements provided in Article 4, and should obtain a licensing agreement of disclosure beforehand.

(Registration and Disclosure)
7. Based on the investigation on the submitted academic results according to the Copyright Act and other related laws and regulations, and in the case that it is decided that there would be no disadvantages with disclosure, the Library will register the academic results on SUCRA and share them for free.

8. In the event of release, the Library should respect the rules mentioned below.
(1) It should not effect a change in the expression of the content of works or title. But for sections where suitable expression is not possible due to technical restraints, these sections may sometimes be omitted or substituted with alternatives in consultation with the Contributor.
(2) The name of the author and a copyright notice shall be displayed.
(3) At the time of releasing, the user's attention should be called to the fact that the academic results should be used with respect to the Copyright Act.

(Availability)
9. People who use the academic results registered on SUCRA via networks (hereafter referred to as "Users") have to obtain the licensing agreement of copyright holders when they intend to use the academic results beyond the permissible limits of citation or other private purposes that are clearly stipulated in the Copyright Act.

(Cancellation of Release)
10. The Library can cancel the release of the academic results registered on SUCRA in those cases mentioned below.
(1) In the case that the Contributor applies for a cancellation of the release of his or her paper, stating the reasons for the cancellation, and where this is approved by the Committee of Cyber Repository of Academic Resources.
(2) In the case that the Committee of Cyber Repository of Academic Resources finds the disclosure offensive and determines to cancel the release.

(Indemnification)
11. The University is not liable for any damages or losses to users that are produced through the use of academic results registered on SUCRA.

(Miscellaneous)
12. These Operational Guidelines come into effect on November 13, 2006.


投稿者: sucra_jim4 投稿日時: 2006-11-13 10:09:00 (5014 ヒット)

平成18年11月13日
平成18年度第1回
学術情報発信専門委員会承認

埼玉大学学術情報発信システム(SUCRA)運用指針


(趣旨)
1.埼玉大学(以下、「本学」という。)において運用する埼玉大学学術情報発信システム(SUCRA:Saitama University Cyber Repository of Academic Resources。以下、「SUCRA」という。)に関する事項は、この指針の定めるところによる。

(公開の目的)
2.本学の学術成果をSUCRAに登録し、電子的な手段を通じて埼玉大学内外に公開することにより、社会に貢献することを目的とする。

(提供者)
3.SUCRAに学術成果を提供することができる者(以下「提供者」という。)は、次のとおりとする。
(1)本学に在籍する教職員及び大学院学生
(2)その他図書館長が認めた者

(公開の要件)
4.SUCRAにより公開することができる学術成果は,次に掲げるすべての要件を満たすものとする。
(1)提供者が、本学在籍中に、単独又は他と共同で作成した学術成果であること。
(2)法令及び本学の規程等が遵守されていること。
(3)次に掲げる事項について法令上又は社会通念上問題が生じないものであること。
イ 名誉,プライバシー等の人権に関する事項
ロ 情報セキュリティに関する事項
ハ 守秘義務に関する事項
(4)その他公開することについて問題が生じないものであること。

(提供)
5.提供者は、所定の公開許諾手続きに従って、学術成果を図書館に提供するものとする。
6.提供された学術成果の著作権が提供者を含め複数の者に帰属する場合又は提供者以外に帰属する場合、提供者は他の著作権者に対し、4で定める要件を予め告知し、公開の許諾を得ておくものとする。

(登録と公開)
7.図書館は、提供された学術成果について著作権法その他関係法令等を調査し、公開について支障がないと判断した場合には、SUCRAに登録し、無償で公開する。
8. 図書館は公開に際し、次の事項を遵守する。
(1)著作物及びその標題の表現を改変しないこと。ただし、技術的環境において適切に表現できない部分は、提供者と協議の上、省略又は他の代替物に置換する場合がある。
(2)著作者名及び著作権の表示を行うこと。
(3)公開にあたり利用者に対して,著作権法を遵守した利用を行うよう注意する旨明記する。

(利用)
9.SUCRAに登録された学術成果を、ネットワークを通じて利用する者(以下「利用者」という。)は、著作権法に規定されている私的使用、引用等の範囲を超えて利用しようとする場合、著作権者の許諾を得なければならない。

(公開の解除)
10.図書館は、次のいずれかに該当する場合、SUCRAに登録された学術成果の公開を解除することができる。
(1)提供者が、理由を付して公開の解除申請を行い、それを学術情報発信専門委員会が承認した場合
(2)学術情報発信専門委員会において公開を不適当であると判断し、公開の解除を決定した場合

(免責事項)
11.本学は、SUCRAに登録された学術成果を利用することによって発生した利用者のいかなる損害についても、一切責任を負わないものとする。

(その他)
12.この運用指針は、平成18年11月13日から施行する。


« 1 ... 35 36 37 (38)
メインメニュー
SUCRAについて
リンク
SUCRAログイン
ユーザ名

パスワード